初心者向け

釣りを初める前に知っておくと特をする2つの釣りスタイル

釣りには色々なやり方種類があるのをご存知だろうか。
釣りに興味を持ち釣りをいざ始めようとしても、まずは道具がないと何も始まらない。
釣りの道具(タックル)は色々ある。
例えば、釣竿(ロッド)は初心者でも必要だと想像つきやすい道具の一つですが、いざ釣具店に行ってみると軽く100種類くらい並んでいて、どれを選んでいいのか全くわからないものです。
店員に、「竿が欲しいんですが」と聞いたところで、「何を釣りますか?」という質問が返ってきたりして何を釣ったらいいのかわからない初心者にとっては、購入までのハードルが高いと感じる。
釣りには、色々な種類があり何を選択するかによって、釣竿(ロッド)を含めた釣りに必要な道具を選ぶ必要がある。
釣りの種類は豊富でまだ発見されていない釣り方や、筆者の知らない釣りもあるため全てを解説することはできませんが初心者向けにある程度かいつまんでできるだけわかりやすく分類分けをしながら、説明して行こうと思う。

釣り場の選び方

魚を釣るということ。それは釣る魚によって違い、また季節によっても変わる。つまり少なくとも魚の種類だけ釣り方がありまた道具がある。
よく釣具店の店員に質問をすると返ってくる言葉として、「どこでなんの魚を狙いますか?」と聞かれる。
釣り場を選ぶ場合も、なんの魚を釣るかという答えがあれば、この辺に行くと釣れる確率がありますという答えは返ってくるものだが、初心者はなんの魚を釣るかということに対して答えを持っていないことが多い。
釣りは楽しいものです、奥が深いものです。筆者からの一つの提案として、まず釣り場の種類を大きく3つに分けて説明をしていく。
興味の度合い(テンションの上がり具合)、気軽に行ける場所はどれかを基準に考えてみて選んでみて欲しい。

渓流(川)

渓流釣りで代表的な対象魚は、鮎、ニジマス、ハエなどがあげられる。
渓流というと、イメージがわかない方もいるかもしれないが、簡単に言うと山奥の小川である。
鮎はまた釣り方も様々だが、一般的には釣竿(ロッド)は、長めの柔らかい竿で餌、もしくは毛針(疑似餌)と呼ばれる仕掛けで釣りをする。
渓流は漁業協同組合によって禁漁期間が定められていることが多いため、釣りをする場合は近くの釣具店等で情報収集をすることをお勧めする。
筆者はあまり得意な分野ではないが、いつかはやってみたいという気持ちはある。
渓流が近くに流れている場所に住んでいる方は、調べてチャレンジして欲しいものである。

河口(川)

河口は、川だが汽水域と言われる場所で海水と淡水が交わっている場所だ。
住宅が並ぶエリアで、川幅が広い場所。そんな場所には、鯉とかフナとかそんな魚がいる場所という認識があるかもしれない。
実はそんな場所で、チヌ、鱸(シーバス)が釣れるのだ。
筆者は比較的この釣りに除く。このエリアで釣れる対象魚は、チヌ、鱸(シーバス)、ハゼ、ボラ、ニゴイ 等、その他にも色々な魚と出会える場所である。
釣り方は、ルアーフィッシングを好んでいる。ハゼなんかを狙うときは、イソメ(ミミズみたいな餌)を使った釣りも面白いだろう。
河口付近にお住いの方は、たまに覗いて必ず釣り人がいるはずなので声をかけてみると何か得られるかもしれない。
東京近郊であれば代表的なのは、荒川、中川、旧江戸川、江戸川あたりが主流だろう。
隅田川も有名だったが、マナーの悪い釣り人が多く釣り禁止になっている場所が多く、避けたほうがいい。

ルアー(疑似餌)フィッシングのイメージが一番強いかもしれない。
対象魚はブラックバスとなるだろう。
他にもブルーギルや、冬の時期になるとワカサギが狙えたりする場所もある。
近くに湖がある場合は、覗いてみると何か発見があるかもしれない。

運河(海)

運河は一見知らない人から見ると汚い狭い川と思う場所かもしれない。
エリアとしては、木場、豊洲、汐留、芝、品川など都心部でビルが並んでいるような場所にある水路である。
土地勘があるならば、海に面していて実は川の流れと交わってない水路だと気づくかもしれない。
そう、ここは川ではなく海。海水が流れている場所なのだ。
対象魚は河口によく似ていて、チヌ、鱸(シーバス)、ハゼ、ボラなどによく出会える場所で、釣り方も河口の釣りによく似ている。
釣り用語に近い言葉として、東京湾奥という言葉があるのだがだいたいこういった場所を指すことが多いような気がする。

浜(海)

一番イメージしやすいかもしれない場所、浜辺でも釣りができる。
対象魚は、ルアーだと、ヒラメ、マゴチ、イナダ(ブリの子供)などが代表的な対象魚だろうか。
餌釣りだと、キスなどが狙いやすいターゲットだろう。
夏になると、海水浴場等は人で賑わうため釣りをしては危ないが、そういった場所を避けた浜辺ではチャンスがあるかもしれない。
東京都内に住んでいたりすると、こういった場所で釣りをすることは難易度が高いかもしれない。

堤防、港(海)

堤防(防波堤)は、都心部だと管理釣り場(海釣り公園)になっている場所が多い。
今は、GoogleMap等があるので、海釣り公園 等で検索すると探しやすいはずだ。
ファミリーフィッシング向きで、簡単な仕掛けを垂らしてイワシやアジ、イシモチ等の小型魚を狙って釣っていることが多いように思う。
ただ、堤防であり河川とも近い場所だったりすると、前述したような鱸(シーバス)、チヌ等の魚も狙える場所である。
また、元気とパワーがあるのであれば、東京湾ではなく遠出して静岡県、千葉県などの堤防で釣りをするとまた違った楽しみが味わえたりする。
他にも、渡し船といって沖にある陸とつながっていない防波堤に運賃を払い運んでもらい釣りをすることもできるので、興味があれば調べてみるといい。

船(海)

前述した渡し船の他に、釣り船といって朝5時くらいに出船し対象魚のみを魚群探知機を使って船長が追い、船の上から釣りをすることもできる。
平均、1回の釣行で1万円程度かかってしまうが、船長はほぼ毎日魚を追いかけているプロなので、魚に出会える確率は非常に高い釣りがある。
筆者は、河川で鱸(シーバス)を狙うことが多いがスランプに陥ると、船釣りをして気分を紛らわすことが多い。
対処魚は様々で、鱸(シーバス)やタチウオ、イナダ、マゴチ等のルアーで狙うものもあれば、餌で狙うマダイ、カワハギ、アナゴ、アジ 等になる。
季節によって釣り船の対象魚も変わるので、季節を感じることができすごく気持ちのいいものである。

釣りのスタイルを選ぶ

釣りは様々な方法があり活字で表現しきれるとは思っていないが、釣りのスタイルは大きく分けて二つある。
餌で釣るか、疑似餌(ルアー、毛針 など)で釣るかのどちらかである。
どちらも簡単に始められるが、どちらも奥深く極めることは難しい。
あくまで、魚、大きく言うと自然が相手なのであることを忘れてはいけない。
また、初心者は、どっちが好みかという問いに答えることはまず難しいだろう。
そのため、まずは簡単に用意できるものを揃えて試してみることが重要だと考えている。

餌釣りは説明はあまりいらないと思う。一般的に釣りというとこちらの釣りのイメージすることが多いだろう。
餌とはそのままなのだが、魚が捕食するものに針をつけて糸を垂らして針にかかるのを待つ釣りだ。
種類もいっぱいあるが、一般的には川であれば虫、団子と呼ばれる練り餌。海であればエビ、イソメ(ミミズのようなもの)、魚の切り身、小魚、貝 などが代表的なところだろうか。

疑似餌

疑似餌もたくさんあるが、代表的なものはルアーと呼ばれる一般的には魚のような形をしたプラスチック等でできた模型である。
対象魚は、鱸(シーバス)、ブラックバス 等、魚が魚を捕食するフィッシュイーターと呼ばれる魚たち全てが対象になる釣りである。
その為、ルアーをまるで生きている捕食対象の魚と思わせるように動かしたりするテクニックが必要である。
餌釣りにもテクニックは必要だが、何もしなくても魚が食べることができるものに対して、ルアーは何もしなければその辺りに浮いているゴミと変わらないので、釣れる可能性は限りなく低い釣りであろう。
餌釣りは、待ちの釣りであるのに対してルアー釣りは攻めの釣りだと筆者は思う。

まとめ

極力初心者でもわかりやすく書いたために、色々端折っている部分もあり逆にわかりづらくなっていたら申し訳ないのだが、少しづつ今まで学んだ知識を書き残していきたいと思うので、ご容赦いただきたい。
少し、釣りのことを知っていただけただろうか。
前述のとおり、釣りはあらゆる場所でできるものなので、まずは近場でできるところを探して色々試してみるといい。
行く場所が決まったら、その釣り場の近くの釣具店に行って情報収拾をすることをお勧めする。

基本的には釣りに正解はないので、恐れず色々試して失敗して改良してを繰り返すこともまた一つの楽しみであったりするものなので、是非チャレンジしてほしい。

最後に

釣りのマナーとして、守ってほしいこととしてゴミは持ち帰ること。
釣ろうとしている場所に先行者(先に釣りをしている人)がいる場合の近くで釣る場合は必ず挨拶をしてから楽しんでほしい。