初心者向け

初心者でも理解できる最低限知っておいた方がいい釣りに必要な3つの道具

購入する道具(タックル)について

釣りを行く前に準備する道具について、ご存知だろうか。
前回お伝えした通り釣りには餌で釣るか疑似餌で釣るかの大きく分けて二種類あって、どの釣りを選択するかによって揃える道具がだいぶ違う。

筆者が好む釣りのシーバスフィッシングは、ルアーを選択することが一般的だが、魚種を最初から決めるのはハードルが高いと思う。ひとまず釣りをやってみたいというのであれば、1,000円くらいの竿とリールを使い、餌で釣りをやってみるというのもありかもしれない。

では、道具を揃える前に前回の記事を参考に、どの場所で釣りをするかをまずは大まかに決めて(イメージして)ほしい。
できれば、長く趣味として続けたいと思うのであれば、できるだけ近場を選ぶことをお勧めする。

場所が決まったところで、初心者向けに道具について説明していこう。

竿(ロッド)

釣りのイメージは、イコール竿(ロッド)だと思ってもいいかもしれない。
もちろん、竿(ロッド)が必要ない釣りも中にはあるが、まぁなくてはならないものだろう。

リール

竿(ロッド)に取り付ける、糸を巻くものだ。
amazonを参照するとわかるのだが、色々な種類があるということだけ覚えておいてほしい。

ペンチ(プライヤー)

後回しにしがちなのが、プライヤーと言われるちょっと高機能なペンチである。
何が高機能かというと、ペンチとハサミ(ニッパのようなもの)が一体化しているものでこれがあれば、ハサミを持って行く必要がない。
また、ペンチの先は糸を掴むことができるので仕掛けを結ぶ時などにも重宝する。
さらに、先端が鍵状になっておりスプリットリング(自宅の鍵などによくついている爪で広げて鍵をつける金具の小さい版と思ってもらって良い)という仕掛けに使うツールがあるのだが、それを広げるのに非常に便利である。
パワーが強力で魚にダメージを与えてしまうので持ち帰る時だけにしてほしいが、魚が釣れた時に、このプライヤーで挟んで持つことができる。
特に、危険な魚(見たことがない魚)やよくわからない何かが竿にかかった時は直接素手で触るのではなくて、プライヤーを活用してほしい。

よくまとめられたサイトがあったので、記事を貼っておこう。
この記事をみると、イメージがわくと思う。

道具についてのまとめ

竿、リール、ペンチ があれば、なんとなく釣りを初めることができるだろう。
もっと必要なものはあるのだが、最低限これを揃えて挑んでほしい。
意図せず大物がかかることもあるので、網(タモ)を持って行った方がいいのだが初心者のうちは周りの釣り人(アングラー)に助けを求めよう。

購入する場所について

購入する場所は、インターネットか店舗になる。
筆者がよく購入する場所を紹介しよう。
ただ、初心者のうちは何を買ったらいいかわからない。この記事を読んで釣る場所、餌なのかルアーにチャレンジするのかある程度決まった段階で店舗に足を運んで店員に聞いてみることをお勧めする。その場合は、釣りの初心者であることを主張して、イメージしている釣りを伝えてみよう。

amazon

インターネット通販:https://www.amazon.co.jp/
特徴:有名どころは割と揃っている、価格は店舗で買うより安い程度。ただ、人気のある商品は品切れも早い。
amazonポイントが溜まるのと、コンビニ配送ができたり翌日配送であったり、UXが非常に高いため筆者はよく利用する。
しかし、初心者には何を買ったらいいかわからない状態なので、購入するのにインターネットを使うのはハードルが高いかもしれない。

ナチュラム

インターネット通販:https://www.naturum.co.jp/
特徴:商品の掲載数は豊富。フィッシングギアー以外にもキャンプ用品等、アウトドア、スポーツ系と幅広に商品が載せられている。
比較的、割引率が高い印象なので筆者が初心者のころはよく利用した気がする。

リバース

インターネット通販:http://www.rebass.jp/
特徴:主にルアーをメインで取り扱っている。あまり利用することは少ないのだが、ほしいルアーがなぜかこのサイトだけに残っていたりして、そういった場合にお世話になっている。

上州屋

店舗:http://www.johshuya.co.jp/
特徴:大手釣具屋。だいたい何でもあるのだが、どちらかというと餌系の釣りものに強いイメージがある。

キャスティング

店舗:http://castingnet.jp/
特徴:大手釣具屋。だいたい何でもあるのだが、どちらかというとルアー系の釣りものに強いイメージがある。
また、釣りのプロ(プロアングラーということが多い)を呼んでイベントをするところをちょくちょく見かける。
DAIWAの商品を豊富に揃えている印象。

まとめ

いかがだっただろう。少しは釣りに対する知識が深まっただろうか。

  • 竿(ロッド)、リール、ペンチ(プライヤー)を最低限準備しよう
  • イメージした釣りを店員に伝えてアドバイスを得よう

少しでも、釣りを初めるきっかけになったら幸いだ。