初心者向け

シーバスフィッシングに必要な竿(ロッド)を選ぶ3つのポイント

シーバスを釣りを始めるにあたって、竿(ロッド)が必要なのだがもうお決まりだろうか?
あくまで、筆者の主観と経験に基づく内容から抜粋して、ポイントを3つにまとめた。
これを読むことで、どのロッドを選べばいいか土地勘のようなものがついたくらいになるだろう。

シーバスロッドを選ぶポイント

シーバスロッドを選ぶポイントは主に二つで、長さ硬さである。
厳密に言うと、どんなリールを選ぶかということでも違いがある。
リールについてはここでは触れないが用語だけ書いておくと、ベイトリール、スピニングリール という種類がある。
基本的に初心者は、スピニングリールに対応しているものを選ぶといいだろう。
また、前回の記事で触れたようにまずどこの釣り場所によく行くのかを定めていると選びやすいと思う。

ロッドの長さ

長さは ft(フィート) という単位で表すことが多い。
1ft = 約0.30m となる。
シーバスロッドは、以下の基準で選ぶといいだろう。

6ft〜7ft

運河などの小場所や、狭い河川などで使うことが多い。
筆者はあまり経験がないが、ボートや船でシーバスを狙う時などにもこのくらいの長さのロッドを使うといいだろう。

8ft~9ft未満

運河などの小場所や少し大きな運河、河川など割とオールラウンドに幅広く使えるものが多い。
シーバス釣りには、バチ抜けシーズンと言われる時期があるのだが、その時期に使うロッドもこのサイズが多い。

9ft~10ft未満

大きな河川(東京湾近郊で言うと荒川など)や、港湾(東京湾近郊で言うとお台場など)で釣りをする時に使うことが多い。
8ft~9ft未満 の竿でも使えなくはないが、より遠くに、より重いルアーを投げたい等の欲望が出てきたら迷わずこのサイズのロッドを用意することをお勧めする。

ロッドの硬さ

硬さは、アルファベットで表すことが多い。
メーカーにも寄るのだが以下のような単位がある。

LMLMMLM

左から順に右に行くにつれて硬くなる。
硬さのイメージは全くわからないと思うが、初心者が選びやすくなる基準を述べるとすると、投げたいルアーを基準に考えるといい。
どんなルアーを選ぶのか、についてはまた別の記事で書くことにするがルアーにはそれぞれ重さというものがある。
投げたいルアーがどんな重さかを基準に選ぶと良い。

例えば、これは釣り具メーカーである DAIWAのサイトだが、必ず以下のようなスペック表がある。

スペック表
(引用:http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/mt_br_ags/index.html)

ルアー 重量(g)という列があると思うが、自分が持っているもしくは買おうとしているルアーとここのスペック表の適合をみて選ぶといいだろう。
あくまで、メーカー推奨ということなので多少表記より軽く、もしくは重くても問題ないがロッドが折れたりトラブルの元にもなるので基本メーカーの推奨は参考にしたほうがいいと考える。

型番のようなもの

ロッドは、商品名の他にそれぞれのラインナップを表すアルファベットと数字の組み合わせの型番のようなものがついている。
例えば、先ほどのスペック表を見て欲しい。
87MLM・J、94ML・J、103ML/M・J …
とあるが、よく見るともうなんとなくわかるだろう。
数字の部分が長さを表しており、アルファベットが硬さを表している。
Amazonなどにも必ず、この表記はされているので参考にして欲しい。

参考

筆者がシーバスルアーフィッシングを始めて4年くらいになるが、使ってきたロッドをここで紹介する

ソアレBB

メーカーサイト
SHIMANOから出ている、7ft前後のメバル用のロッドである。
最初は何をやっていいかわからず、メバルも釣りたいしシーバスも釣りたいということで両方に対応できそうなロッドをチョイスした。
ただ、すぐに大きめの河川に行くことが多くなり、この竿だとあまりにも短く8g~15gのルアーを飛ばすことが難しくなり、他のロッドを購入することになった。

ディアルーナ

メーカーサイト
これも、SHIMANOから出ているロッドでこれは比較的シーバス向けに作られていると思う。
初心者の入門編にはすごくいい竿だと思うし、筆者も割とこの竿を長く使った記憶がある。
長さは、8.6ft で硬さはMLをチョイスした。
多分、メバルロッドがやわらかくルアーを飛ばしにくかったため、少しでも硬めがよかったのだろう。ただガチガチに固すぎてもルアーを飛ばしにくそうだというインターネット上の情報から、MLをなんとなく選択したのを覚えている。

モアザンAGS

メーカーサイト
ディアルーナを使っていて、だんだんと欲が増してきた。
ルアーを投げて巻いてアクションをつけている時に手に伝わってくる振動を感度と言ったりするのだが、より感度が良いものを求めた。
シーバスアングラーで多くの人が憧れるロッドに、モアザンブランジーノAGSというロッドがある。
それはかなり高価で、とても手が出せなかった。しかし欲求を抑えられず、モアザンブランジーノAGSより少しスペックが劣るモアザンAGSを選択した。
長さは、9.3ft 硬さはMLを選択した。ちょうどディアルーナのスペックをそのままあげた形になった。
感想は、かなり使いやすく感度がよかった。そして軽い。長いのにディアルーナより疲れない。これより上のスペックのロッドはどうなるのかと、もう止まらないのである。

モアザンブランジーノAGS

メーカーサイト
とうとう購入してしまった。プロのシーバスアングラー大野ゆうきさんが監修した憧れのロッドである。

長さは、8.7ft 硬さはMLMを選択した。この頃からバチ抜けというシーズンの釣りに本腰を入れて挑む気になり、その釣りに最適なロッドであり今も使っている。
ただ、以外にも短いのにでる飛距離。感度の良さから適切かどうかはわからないがちょっとおもいバイブレーションなんかをこのロッドで使ったりすることもあり、バチ抜けシーズンに使うロッドとしての購入だったが、割とオールマイティに使えるなという印象である。

まとめ

いかがだっただろうか、これで少しはロッドを選ぶ参考となっただろうか。
まとめると、以下の3つのポイントがある。

  • 釣り場所をまずは選択しよう
  • 釣り場所にあった長さのロッドを選択しよう
  • 手持ちのルアーの重さとスペック表を比べて選択しよう